2016年03月25日

さあさあ、先週に引き続き

さあさあ、先週に引き続き

多肉植物第2弾!!

年度末の為か、妙に出事が多く

深夜のアップお許しください。

今週は珍奇種からハオルチアそして

サボテンそして、第二次生長期を迎えた

リトープスまで濃くて分厚い

ラインナップとなっております。

兎に角、画像が多く

ブログアップに時間がかかるので

ご挨拶は、簡単に。

まずは、見て頂戴!!

IMG_5890 (2).jpg
Monadenium sp‘Tanzania Red’

久し振りに、入荷。

モナデニウムsp.タンザニアレッド

数年前から小さな株を育てています。

夏型ですが耐寒性も強く5℃以下でも

越冬可能。(ハウス内)

赤紫の肌も年間を通してさほど変わらず

一年中鑑賞価値の高い品種です。

まだまだ流通が少ないので

気になる方はお早目に!!

IMG_5892 (2).jpg
Othonna retorosa

南アフリカ原産のレトロルサ。

オトンナ属の中でも個性派で人気が高い

品種です。

冬型、コーデックスで

休眠期の夏には葉が枯れてしまいますが

落葉せずそのまま残るので

見た目は、完全に枯れてますね(笑)

でも、その風貌も愛らしい品種です。

花は、最近まで咲いていましたが

終わっちゃいました。


IMG_5895 (2).jpg
Othonna triplinervia

本来、トリプリネルビアは株元が肥大し、

塊根が出来る

コーデックスプランツなのですが・・・?

こちらは、レトロルサと違い

落葉します。



IMG_5896.jpg
Euphorbia handiensis


IMG_5954 (2).jpg
Pachypodium bispinosum


IMG_5955.jpg
おもいっきりお尻!!

しかも、この締まり具合は

男やね!!

もうそれにしか見えません。

不快です(笑)

しかし、花はベル型の

可愛らしい花を咲かせます。


IMG_5957.jpg
Pachypodium タカユキグラキリス

品種名は不明確のようですが

生産者曰く

以前、パキポディウム生産をしていた

農家さんの所で出た品種らしいと言う事だけは

分かっているのですが、

その他の詳細は追って連絡しますとの事でした。

いずれにしても珍品です。


IMG_5900 (2).jpg
Tephrocactus molinensis(赤目団扇)

また来ました!!

今度は、かなり可愛い株です。


IMG_5908.jpg
Cereus peruvianus f.‘spiralis’

人気のセレウス スピラリス

このスパイラルがナイス!!

意外と流通が少ないので

次の入荷は、未定です。


IMG_5909.jpg
Monvillea spegazzinii f.cristata(残雪の峰)

まさに雪を被った山の峰。

白さがしっかり乗った

いい株揃いです。


IMG_5916 (2).jpg
Astrophytum caput‐medusae

キリン団扇に接がれた

カプトメドゥーサエ

難物なので接ぎ木が安心ですね。


IMG_5903.jpg
Agave flexispina

耐寒性が高いフレキスピナ

巾広スプーンリーフに

パウダーがのり灰白色も美しい人気品種です。


IMG_5905.jpg
Agave 吉祥天錦

こちらも人気品種

吉祥天の斑入り

青味の強い覆輪がしっかり入り

大株になれば更に美しさが

際立ちます。



IMG_5912 (2).jpg
アエオニウム サンシモンバイオレット

今年も何とか入荷

しかし、今回は限定10本のみ

小量なため、ご予約はお受け

し兼ねます。

何卒、ご了承ください。


IMG_5913.jpg
Conophytum burger

流通量がかなり減っております。

なんとか、入荷しました。

もう手が付けられません。

でも欲しい品種ですね。




Haworthia以下H.


IMG_5922 (2).jpg
H. koelmaniorum var.mcmurtryi 小金山実生

コエル系のコレクターから流れてきたようで

赤味が強くとても美しいこの株は

遠くからでも強烈に主張してくる

存在感抜群の個体です。


IMG_5924.jpg
H. picta(マルクスコレクション)

ハオルチアの育種家、ゲルハルト マルクス氏

由来の個体のようです。

マニア好みの逸品です。


IMG_5929.jpg
H.picta 青木コントラスト

生長すると白地に緑がかる

とても美しい個体です。

個人的に、育てたいピクタです。


IMG_5926 (2).jpg
H.親指姫 TC特ダルマ変異タイプ

基本種よりも、ダルマ葉と言う事ですが

確かに丸いです!!

どう変化するか楽しみです。


IMG_5934.jpg
H.月光

窓が大きく艶のある美しい品種です。


IMG_5932.jpg
H.玉扇‘広重’

写楽系の中でも厚葉タイプ

葉がくの字になり特徴が出るのに

10年ほどかかるらしいが、

簡単に結果が出ないのが植物栽培の

醍醐味です。


IMG_5938.jpg
H.cooperi v.tenera JDV89-38 Glahamustown


IMG_5941.jpg
H.haryyi JDV 90-80 Uniondale poort


IMG_5943 (2).jpg
H.rosea N2(Trappes Valley)


IMG_5944.jpg
H.トランスエンシス×ドドソン紫オブツーサ


IMG_5947.jpg
H.スカブラ


IMG_5948 (2).jpg
H.コエルマニオラム×錦帯橋 TM No.2


IMG_5950.jpg
H.jonesiae


IMG_5952 (2).jpg
H.nigra KW-5



リトープスに続きます!!

posted by 花伝 at 22:36 | Comment(0) | 多肉植物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
11mn