2016年11月22日

花伝多肉祭り Vol.3

困ったことに、文字数が多く

ブログアップできなかったので

あいさつ文は割愛させていただきます。





Pachypodium 以下P.



PB210613.jpg
P.ambongense アンボンゲンセ

今回のイベントの中で一番の目玉!!

パキポディウム アンボンゲンセ 接ぎ木大株

このパキポディウムは幻のパキポディウムと

言われ、原産地でも一度絶滅しかけた

とても希少な品種です。

勿論、SITES?指定。

同属の中でもレア度マックスの

スーパーコレクターズアイテムである事は

間違いありません!!

今回の個体は接ぎ木という事ですが、国内屈指の

サイズであることには間違いないでしょう!!
(少数意見ですが・・・)

株元の幹が膨らみ始めているので

開花サイズに近いと思われます。

このアンボンゲンセを手にした人のみが

幻の花を拝めると言う事になりますね。

しかも、このアンボンゲンセ

花色はなんと、緑がかった白らしく

幻らしい崇高な花色がよけいに

欲求を掻き立てます。

ビリディフローラファンのわたくしにとっては

是非、生の花を拝みたいものです。

勿論、誰も買わなければ拝むのは、

わたくしになりますので、

わたくしは、売れないことを拝んでおります(笑)





PB210616.jpg
ちびアンボン。

レアレアと言っては見ましたが

Made in Okinawaにて

アンボンゲンセ実生苗リリースです。




PB210617.jpg
P.rosulatum var.gracilius  グラキリウス


今回は1本のみの入荷です。



PB210620.jpg
P. rosulatum var.inopinatum イノピナツム



PB210622.jpg
(左)P.baronii var.baronii バロニー

(右)P.baronii var.windsorii ウィンゾリー



PB210627.jpg
P.brevicaule

こちらのブレビカウレは

マダガスカルからの現地球を両親に使った

種から播いた実生の為

原産地の血を色濃く受け継いだ

生粋のブレビカウレです!!



PB210629.jpg
(左から)
P.bispnosum ビスピノーサム
P.horombense ホロンベンセ
P.densiflorum デンシフロラム
P.rosulatum var.drakei ドラケイ
P.ebreneum エブレネウム



Euphorbia 以下 E.



PB210653.jpg

PB210655.jpg
E.sakarahaensis サカラハエンシス 現地球



PB210633.jpg
E.labatii ラバティー銅葉

ずっと探してたラバティーついに入荷です。

なかなか出ない希少種です。


PB210640.jpg
E.labatii ラバティー



PB210642.jpg
E.decidua Malawi



PB210643.jpg
E.sp 新種



PB210645.jpg
(左)E. 鉄甲丸
(右) E. シレニフォリア



PB210651.jpg
(左) E.トルティラマ
(右) E. 飛竜



PB210657.jpg
(左) E.ウエスピナム (右)E.ネオフンベルティー


PB210658.jpg
E.cylindrifolia var.tubifera
キリンドリフォリアvar.トゥビフェラ 

トゥビフェラと表記できるキリンドリフォリアは

なかなか無いかも!!



PB210681.jpg
E. コルムナリス


PB210661.jpg
Boophane haemanthoides
ブーファン ハエマントイデス

やはり、ハエマントイデスは美しかった!

惚れるね


PB210649.jpg
Adenium swazicum

南アフリカ、スワジランド原産

細葉のアデニウムです。




PB210665.jpg

PB210662.jpg
Mestoklema tuberosum メストクレマ ツベローサム

塊根のあるメセンと言う

面白いコーデックスです。

野性動物などにかじられるらしく

大きく開いた穴も、ワイルドさを感じる

魅力の一つと言えるでしょう。

気になる方は、小物入れにご使用ください。


PB210668.jpg
Otonna claviforia オトンナ クラビフォリア



PB210670.jpg
Otonna euphorbioides
オトンナ ユーフォルビオイデス



PB210673.jpg
Sarcocawlon multifidum
サルコカウロン ムルチフィドゥム



PB210678.jpg
Pelargonium carnosum
ペラルゴニウム カルノーサム


Fouquieria  観峰玉
フォーケリア コルムナリス





Agave 以下 A.


PB210685.jpg
A.potatorum ‘CUBIC’

数年育てた株です。

良く締まっていい感じ

サイズはコブシサイズ

ここからは、あなたにバトンタッチです。


PB210687.jpg
A.titanota ‘白鯨’

棘がエグイです。


PB210691.jpg
A.titanota ‘Black & Blue’

国内流通名ブルーボール。

タイから入れた株です。


PB210694.jpg
A.titanota

今年4月のフェアーにリリースした

ナイスなチタノタのクローンです。


PB210695.jpg
A.utahensis ‘Eborispina’エボリスピナ

白長棘



PB210701.jpg
A.‘笹の雪黄中斑’

親はかなり綺麗でした。


笹の雪.jpg
(親株)


PB210704.jpg
A.‘Royal spine’ロイヤル スパイン


PB210706.jpg
A.吉祥天


PB210707.jpg
A.吉祥天錦


PB210709.jpg
A.プリンセスクラウン

今回紹介した植物以外にもゴツイ系いろいろ準備

しておりま〜〜す。

お楽しみに!!

さて、次回はいよいよラスト

最後は、メセン&球根&サボテン

等々、次も必見です!!


posted by 花伝 at 20:58 | Comment(0) | イベント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
adxb