2020年02月29日

こんな時こそ、インドアグリーン!!

昨今のコロナウィルスの報道を見ると

まるで、映画が現実になっているかのようです。

しかし、そんなのんきな事は言っていられません。

景気の落ち込みとは逆行するかのように春の商材が

続々入荷しております。

お店の中はバブルいやバルブ!!

まいっちんぐ マチコ先生でございます。


皆さん、暗いニュースばかりで気持ちが落ち込んでいることでしょう!

そんな時こそ、グリーンが癒してくれるはず。

どうせ外出自粛なら、インドアグリーンで乗り越えましょう!!

という事で、今回は久しぶりに原種系ランと観葉植物を

中心にご案内いたします。



P2263493.jpg
Maxillaria schunkeana

マキシラリア シュンケアナ バルブの根元から

真っ黒い花を咲かせる不定期咲きの珍品

比較的育てやすい品種です。



P2263496.jpg

P2263499.jpg
Aeridovanda

エリドバンダ

エリデスとバンダの交配種

棒状の葉に長く伸びた気根

空中に吊り下げ、ティランジアのように

楽しむこともできます。

白く咲く花は、非常にもちも良く

花が終わった後も草姿の造形に

高い鑑賞性を持つオススメのランです。


P2263501.jpg
Bulbophyllum arfakianum ‘Green’

バルボフィラム アルファキアナム グリーン

澄んだグリーンの美しい花アルファキアナムとは

別種だという説もある。

バルボフィラムの中では花付き、花もち良く

不定期咲き。

まだまだ花芽つけてます。


P2263504.jpg
Bulbophyllum ambrosia ‘Yamaharu’
B.lasiochillum lasiochilum

‘Yamaharu’ は、花は地味だが、はちみつの様な香りがする。

非常に丈夫で、−3度くらいまで耐えます。

花期は2〜4月

ラシオキラムは、人形の様な花を咲かせ面白い品種。

耐寒性は先の‘Yamaharu’と同じ−3度まで耐えます。




P2263506.jpg
(左) Coelogyne cristata f.alba ‘Pure White’

セロジネ クリスタータ f.アルバ ‘ピュアホワイト’

純白のクリスタータ

この個体はバルブ間が長く伸びます。

日本大賞受賞花

夏は若干暑がるので、風通しの良い涼しい場所で

しっかり水を与えます。

開花はまだですが、沢山花芽を付けています!!


(右)Oeniella polystachys

オエオニエラ ポリスタキス

マダガスカルなどに自生する

アグレカタムの近縁種栽培は容易で

いい香りがします。

1〜3月咲き



P2263508.jpg
フィカス ペティオラリス

手乗りサイズのかわいいペティオラリス。

実生苗でいい感じに基部が膨らんだ

コーデックススタイルです。

葉もシルバーリーフに赤筋

超おススメの観葉植物です。



P2263515.jpg
アルブカ フリズルシズル

今年も入荷。

みんな大好きクルクル球根

香のいい花ももうすぐ咲きそうです。


P2263517.jpg
フィカス デルトイデア ‘コバンボダイジュ’

ゴムの木の仲間になりますが

葉の雰囲気が独特で、キールの様な葉脈が盛り上がる

個性的なフィカス。

流通量も非常に少ない希少品種。

実も付いて、更にいい感じです。






P2263521.jpg
ガジュマル ベビーリーフ

通常のガジィマルよりもコンパクトで

耐陰性も高いようです。



P2263519.jpg
シェフレラ 古木

年季の入った古木。

枝の曲がりも独特、唯一無二の一本です。



P2263524.jpg
ボストンファーン


個人的に大好き


P2263530.jpg
ヒルデウィンテラ 金ヒモの木

嬉しい苗木みつけました!!



P2293544.jpg
みずさし

久しぶりに入荷。

花伝御用達ウォータリングカン

とても丈夫で使いやすく

デザインもカッコいいミズサシ。

メード イン ターキーと言うところがさらにツボ

インドアグリーンに欠かせないオススメギアです。
posted by 花伝 at 20:59 | Comment(0) | その他植物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
3k7d