2020年11月12日

秋の多肉売り出し第2弾 速報Vol.2

〓秋の多肉植物売り出し第2弾〓

日時 11月21〜23日
場所 花伝


なんだか雲行きが怪しくなってきましたが、

早くも来週末は多肉売り出し第2弾!!

コロナ対策を行い、皆様ご来店お待ちしております。


それでは速報Vol.2

ハオルチア、サボテン、アロエ編

早速行ってみましょう!!





Haworthia 以下H.

今回久しぶりに、国内屈指のハオルチア原種栽培家より

入荷です!!


PB115103.jpg
Haworthiopsis bruynsii

ハオルチアも細分化され

硬葉系の小型種はハオルシオプシスとなったようです。

このブルインシーは一見軟葉系に見えますが実は硬葉系

しかもこのサイズとつくりは

他ではなかなか入手できないのではないでしょうか!!



PB115105.jpg
H.meiringii JDV87-121
W of Bonnievale exSheilam

正直これは出したくなかった。

連休中に売れなければ引っ込めます(笑)



PB115108.jpg
Twlista × uitewaaliana

ナチュラルハイブリットです。

親木の画像を見ましたが結節も大きく

育てがいのある激押し品種!!

根がしっかり動いていないので

ストレスで赤味がかっています。



PB115110.jpg
H.inconfluens v.lockwoodii
near Laingsburg CL1.

育ててみたい原種ハオの代表格の一つ

ロックウッディ

上手に栽培できるかなぁ



PB115112.jpg
H.retusa JME 15-88
Riversdale shooting area (special white window)

株が大きくなり葉が展開し始めると下葉の窓が

白く霞がかり白窓になる驚きの品種です!!



PB115114.jpg
H.‘Ukukhanya’

ウククハニャ⁈

日本人の発音ではこれが限界のようです(笑)

仕上がりは紫禁城のように太い縞の窓が入り

ミントグリーンとブラウンが混じる

魅惑的な品種

個人的にも育てたい品種です!!



PB115116.jpg
H.marmorata MBB5209
Tierberg ENE of Prince Albert (IB18180)

説明はいらない美しさです。



PB115119.jpg
H.arachnoidea MBB7646
Bizaansgat (IB26247)



PB115123.jpg
H.papillaris GM268 S of Dysselsdorp
NE of Kammanassie Dam

シノニムはトルンカータ(玉扇)です。

小型で有毛。

いわゆる、おけけ玉扇。



PB115127.jpg
H.jaden GM261
Eastern slopes of the Paardebrg
NW of Leeublad Kammanassie Dam (Seedling)

窓に網目模様がいる美しい個体。




PB115129.jpg
H.springbokvlakensis GM390 GM166

GM390は丸葉で良型。

GM166はレアナンバーのようです!!


PB115130.jpg
H.maraisii ‘Honey’
exFG2 Koesanie Clone7

通常のマライシーには無い荒々しさを持つ

特異個体です。



PB115134.jpg
H.‘Bitchmo’

川本氏によるピクタとコエルの交配種

キモカッコいい仕上がりになります!!



PB115150.jpg
原種系 30〜40鉢入荷





PB115141.jpg
親木

PB115144.jpg
販売株

H.scabra  Y氏選抜 Type-1

数年眠らせていたダルマ型のスカブラ。

関西系モザイクピクタのY氏による

選抜品種。

Y氏はスカブラ交配にも熱心で数タイプリリースされています。

2年程前一タイプ販売しましたが

今回の個体は少しでも皆様の手に届けたかったので

増殖後の販売となりました。

縦伸びせず四方にずっしり鎮座する姿に

風格すら感じます。

これはかなりレアです!!



PB115147.jpg
H.‘蛙玉’モンスト

いや〜太らん!!

何とか株分け成功。

小さいですが発根済みです。



PB115153.jpg
Mammillaria bertholdii  ‘牡丹の舞’

ずっと探していたマミラリア

2013年に発見された新種のマミラリアです。

原産地の画像は平たくロゼット賞に展開していますが

今回の株は国内栽培株です。



PB115162.jpg
(左)Gymnocalycium pungens プンゲンス錦(実生)
(右)Gymnocalycium mihanovichii var.friedrichii 緋牡丹錦(実生)

プンゲンス錦は黄色オレンジ斑です。



PB115171.jpg
Gymnocalycium ‘尾形丸錦’

そんなに高い品種ではないですが

好きな斑入りです。



PB115165.jpg
Astrophytum ウルトラ花園兜(実生)

見事なアレオーレ(刺座)に

うっとりします。


PB115184.jpg
Ferocactus emoryi 江守

多肉サボテンによくある学名ダジャレなのか

エモリー

江守徹しか出てこない・・・

このサイズで止まってほしい。

なんか可愛い姿です。



PB115193.jpg
Mammillaria herrerae ‘白鳥’

綺麗に育て込みたい品種です。



PB115216.jpg
Ariocarpus kotschoubeyanus ‘黒牡丹’ (実生)



PB115220.jpg
Blossfeldia liliputana ‘松露玉’

世界一小さなサボテンです!!



PB115197.jpg
Opuntia azurea O.galapageia(ガラパゴス団扇)
     O.basilaris

小型の青肌アズーレア。

希少種ガラパゴス団扇。

ちょっと難物バシラリス。

すべて育てたい品種です。




PB115202.jpg
Copiapoa dealbata ‘黒士冠’ C.cinerea ‘黒王丸’

C.haseltoniana ‘逆鱗丸’   C.colimna-aiba ‘孤竜丸’

いずれのコピアポアも実生です。

人生のお供に!!



PB115207.jpg
Cintia napina Mammillaria bocasana cv.Fred

キモ可愛くない。

ただキモイサボテンです(笑)



PB115213.jpg
Uebelmannia pectinifera U.pseuudopectinifera

Uebelmannia pectinifera var.horrida

黒紫色の肌色にたてがみの様な刺

美しいサボテンです。





PB112509.jpg
親木


PB115218.jpg
販売株

Aloe 以下A.
A. pearsonii

昨年一度リリースしたペアルソニーからのかき仔です。

活着が難しいとの事でしたが、時間がかかっただけで

何とかうまくいきました。

超希少品種です!!



PB115221.jpg
A.pillansii

こちらもレアアロエピランシー

国内実生で買いやすいお値段ですが、

悪くないお値段です!



PB115223.jpg
A.melanacantha var.erinacea

小苗ですが、良くまとまった優良株

鋸歯が多くカッコいい人気アロエ エリナセア

おススメです。



PB115227.jpg
A.compressa var.schistophila

前回の実生苗より大きく、

雰囲気が出ているコンプレッサ v.シストフィラ入荷




PB115229.jpg
A.laeta

やっぱいい品種。


PB115231.jpg
A.vanbalenii

これからが本領発揮

ライトレッドに紅葉し太く長く鉢植えだと

葉は下に巻き込む。

紅葉アロエ

普及種ですが最高にカッコイイアロエです!!




さて、次回の速報はビカクシダ&ブロメリアです。

お楽しみに!!







posted by 花伝 at 21:24 | Comment(0) | イベント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
mj7b