2018年01月27日

皆様、くれぐれもお気お付けください‼

皆様、ブログアップ遅くなって申し訳ありません。

今週は体調を崩し、家でゴロゴロせざるを得ませんでした。

でもちょうどよかった!

先日突然いなくなった、多肉を探すべく

防犯カメラのチェックもゆっくりできたし・・・

ハハ〜ン!なるほど・ザ・ワルドロニアエ‼

おいたが過ぎますねぇ。


まあ、それはさて置き、わたくしの症状ですが

熱も出ず、咳も出ず、鼻水も出ず、それらしき症状は

ほとんど出ませんでした。

体は、ほぼ元気なのですが

Type-Aが出ちゃったので仕方なく・・・

そう仕方なくです。

結果、なまけ癖までしっかり出ちゃいました(笑)

明日からぼちぼち本格復帰ですが、

女神をも狂わす美声だけはまだ戻っておりません。

いささか、不快を感じられるかと思いますが

何卒、ご了承ください。

それでは、今週の入荷商品

久しぶりに着生ラン行ってみましょう!!


P1279971.jpg
Eria (hybrid) エリア(ハイブリッド)

マレーシアやボルネオなど熱帯アジア原産

花の形は分かりませんが、春から夏ごろ

開花時期です。


P1279975.jpg
Chiloschista viridiflava キロスキスタ ヴィリディフラヴァ

人気の無葉ラン、キロスキスタの黄緑花品種

比較的低温にも強く、育てやすい品種です。


P1279981.jpg
Bulbophyllum moniliiforme バルボフィラム モニリフォルメ

ラン類の中で、最もエキセントリックな形態を持つ

バルボフィラム属

わたしも数品種持っていますが

とても同属とは思えないです。

今回のモニリフォルメは小さなバルブが連なり

かわいい印象ですが、

「はらぺこあおむし」に見えるのは

私だけでしょうか。



P1279983.jpg
Schoenorchis scolopendria ショエノルシス スコロぺンドリア

以前、入荷したショエノルキス フラグランスよりも葉幅が細く

繊細。

よりムカデ感が強い品種です。

花はかわいいピンク花です。


P1279985.jpg
Macroclinium manabinum マクロクリニューム マナビナム

オンシジューム属と近属で主に中南米に

自生します。

花は薄紫色で大文字草のような形状

花火のように四方に広がり

見ごたえある花を咲かせます。

栽培も比較的容易です


P1279988.jpg
Oruithocephalus オーニソセファルス

種小名がはっきりしていませんが

蕾の感じから、白花っぽいのでドラブラタス(dolabratus)

かな?



P1279995.jpg
(左)ヘデラ ダックフッド (右)ヘデラ クックルシェル

なんでも、イギリスで作出された品種らしいのですが

特徴が名前とよく合ったかわいいヘデラです。

寄せ植えでも単品植でもどちらでも楽しめそう!!


来週は、多肉植物いっちゃいま〜〜す。

お楽しみに!!
posted by 花伝 at 23:43 | Comment(1) | 多肉植物
この記事へのコメント
ステファニアという植物はおいていますか?
子宝にいいと書いてあったのであればと思いまして。あとそちらで子宝にいいという植物はおいていますか?
よろしくお願いします(^-^)
Posted by 花ちゃんママ at 2018年01月28日 03:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
u9io